自己破産を二回目にする際の注意点

自己破産を二回目にする際の注意点

MENU

自己破産を二回目にする際の注意点

かつて自己破産をした人が、二回目の破産をするのは可能でしょうか。全く不可能ではありませんが、かなり難しくなると考えた方がいいでしょう。
まず、二回目の自己破産を行う場合は、前回から七年経っていないとできません。しかも、回数を行うごとに、徐々に難易度が上がって行きます。ですから、最初の自己破産ではすぐに免責が下りた人でも、二回目以降になると下りにくくなることがあります。特に、最初の自己破産をした後で、ブラックでも借入ができる金融機関などを利用したり、ギャンブルをしたりして再び借金を作り、返済できずに再度破産宣告を申し立てた場合などは、かなりの確率で免責が下りにくくなると考えた方がいいでしょう。免責が下りない場合は借金を帳消しにできませんので、全額自分で返済しなければならなくなります。元々自己破産は、借金を帳消しにするだけではなく、借金に依存しない生活を確立するためのものでもあるのですから、前回と同じ轍を踏まないようにしたいものです。
もし自己破産後に借金を作ってしまい、返済できなくなった場合は、借入先の金融機関に相談して、返済計画をまず見直すようにしましょう。それでも返済できない場合は、弁護士や司法書士に相談してみるのがお勧めです。そして、少しでも自分で返済できるように努力してみましょう。もし返済できなくても、自己破産をすればいいという甘い考えは捨てて、どうすれば全額返済できるのかをきちんと相談するようにしてください。