自己破産したら極貧生活になるのか?

自己破産したら極貧生活になるのか?

MENU

自己破産したら極貧生活になるのか?

自己破産というのは借金を解消させるべく債務を整理する手段のひとつです。債務整理を行う方法としては最終手段とも言える方法であり、裁判所に申し立てを行い裁判所から支払い能力がないことが認められた上で借金の返済を免除してもらうことになります。借金の返済はなくなりますが20万円以上の資産があった場合は募集されます。
借金の金額によっては自己破産の方法をとるよりも他の債務整理の方法をとる方が良い場合もあります。自己破産したら会社を辞めなければならないとか、賃貸の住宅を明け渡さなければならないとか言われることもありますが、これらの情報は間違いであり、自己破産後の生活も普段と変わりはありません。
自己破産したら信用情報機関に名前が載ることになり、その後7年間はあらたな借金をすることが出来ません。また官報にも住所と名前が載りますが、これは一般の人が目にするものでもありません。自己破産に伴い受けていた制限も免責許可決定後に解除され今後の生活の再建に向けて大きな影響はありません。
自己破産したらその後の生活の上で不便になるものとしてクレジットカードの利用があります。信用情報機関に自己破産者として登録が行われたら各金融機関が加盟している信用情報センターにもその情報が渡ります。この情報は5年から7年で削除されますが、その期間は新しく金融機関のサービスの申込を行うと断られてしまいます。クレジットカードによる利用もこの間は制限されてしまいます。